テレワークを効率化!すぐにできる時短ワザはこちらからどうぞ!

スポンサーリンク
title_telework

このページの記事では、在宅勤務でもすぐに使うことができ、すぐに時短に繋がるExcelの関数や便利機能を解説した記事をまとめています。
在宅勤務が増え、作業を効率化して時間を有効に使うことがさらに重要になっています。実際に家でExcelの作業をする機会も多くあると思います。
そんな中で、テレワーク中にすぐに使うことができ、特に時短に効果がある記事をまとめました。

このページの記事を順番に読んでいただければ、間違いなくExcelの作業が効率化します。
ぜひ順番に読み進めていただければと思います。

この記事を読んでほしい人
  • テレワーク(在宅勤務)が増えた方
  • テレワークの作業を効率的にしたい方
  • 自宅でもExcelを使う機会が多い方

記事はこちらからどうぞ!

①合計が簡単に計算できる!SUM関数とは?

この記事では、Excelでの関数の基本となるSUM関数について解説しています。
SUM関数は指定した範囲の合算が出来る関数で、合算したいセルや範囲を指定するだけで簡単に使用する事ができます。
まず関数を使ってみようと思っている方はこちらの記事から読んでいただければと思います。

②最強の便利関数?VLOOKUP関数の使い方とは

この記事では、最強の時短関数ともいえるVLOOKUP関数の使い方を解説しています。
VLOOKUP関数は商品コードなどから顧客情報や単価などをマスタから自動的に検索し、結果として返してくれるとても便利な関数です。
この関数を使いこなすだけで、Excelでの作業効率が格段に上がります。
まだVLOOKUP関数を使いこなしていない方はぜひこの記事をお読みください。

③条件によって結果を分岐できる!IF関数の使い方【IF関数①】

この記事では、指定した条件によって結果を分岐することが出来るIF関数について解説しています。
このIF関数は単体で使うことはもちろんですが、他の関数と組み合わせ(ネスト)させることによって更に利便性が増します。
条件には<(大なり)や<>(ノットイコール)などの比較演算子なども使用できます。
全部で3つの記事に亘ってIF関数を解説していますのでぜひ合わせてお読みください。

④セルの数を数える!4つのCOUNT関数の使い分けかたとは?

この記事では、指定した範囲で条件に合うセルの数を数えることが出来るCOUNT関数について解説しています。
COUNT関数には文字が入力されたセル数を数えるものや、空白セルを数えるものなど4つの種類があります。
それぞれを使いこなすことで、集計などの作業時に顧客数や注文数などを自動的に数えることが出来るようになります。
4種類のCOUNT関数について詳しく知りたい方はこの記事をお読みください。

⑤クロス集計、分析ができるピボットテーブルの使い方とは?

この記事では、関数など難しい計算を使わずにクロス集計をすることができるピボットテーブルの使い方について解説しています。
ピボットテーブルを使うことで、とても簡単にデータの分析や集計を更に詳しく行うことができます。
他にもピボットテーブルの使い方を関連記事にまとめていますのでそちらもあわせてぜひお読みください。

⑥データの重複を一括で見つける方法と削除する方法とは?

この記事では、データの中の重複したデータを一度に削除する時方法と重複したデータを見つける2つの方法を解説しています。
大量のデータを整理する際に、重複するデータを一度に見つけられたらとても便利ですよね。
この記事を読めば、今まで1つのデータごとにチェックしていた重複を一度に見つけたり、削除することができます。
データの重複でお困りの方はぜひこの記事をお読みください。

⑦エクセルで列や行の表示を固定させる方法とは?

この記事では、大量のデータが入力された表で作業する際に便利な、先頭の行や列の表示を固定する方法を解説しています。
この機能を使うことで、見出しの行や列を常に表示させることができ、作業効率が格段に向上します。
とても簡単に使用する事が出来るので、ぜひこの記事をお読みください。


ここまでの記事を読んでいただければ、もうテレワークでのExcelを使った作業で困ることは無いと思います。
ぜひ時短ワザを駆使していただいて、快適なテレワークを目指していただければと思います。
Excel時短ワザでは他にもやりたいこと別に記事をまとめていますのでぜひそちらも合わせてお読みいただければと思います。

Excel時短ワザでは記事のリクエストを受け付けています。
エクセルでこんなことができるの?と言った疑問からこの関数の使い方を教えて欲しいなど、リクエストがありましたらページ下部のお問い合わせフォームかツイッターにコメントをいただければ記事として解説させていただきます。
ぜひお気軽にリクエストをどうぞ!


タイトルとURLをコピーしました